Oisix(おいしっくす)

2017年09月16日

ダンケルク


昨日遅まきながら「ダンケルク」を観に行った。

映画鑑賞の際、わたしは余り沢山の情報を持たずに観る。

映画館の予告編くらい。


ケネス・ブラナー(刑事ヴァランダーのファン)が出てる、

マーク・ライランスも出てる、

壮大なスケールだな、と。

ま、ノーラン監督だし。。
                         

とくに誰が主人公というわけでもない

多くの台詞や語りがあるわけでもない

けれど、何なんだろう、この感覚・・・感動?


敵機と英国機の空中戦、何十万人の兵士が待ち並んでいる砂浜での銃撃、

船底や海の中に容赦なく撃ち込まれる銃弾・・・

自分もそこに居るかのように感じられる、迫力だ。


最後の敵機が海に墜落して、辺り一面文字どおり”火の海”となっている。

すぐそこの船までもう少し、必死で泳ぐ重油まみれの兵士たち。

空中からの銃撃を避けて海中に潜ってはいるものの、

耐え切れずに、息継ぎで海面から顔を出した途端、火に包まれる。。。


心が震えた


船を降りた兵士たちを、ある老人が称えた。

若い兵士は、「なにも・・生きて帰っただけ・・・」

「それで十分・・・」


電車がホームに着いても、自分の無力さを恥じて顔を上げなかった兵士に、

人々は、「よく生きて帰った!」


   「生きる」ことは、他の何にも勝るもの。


ところであの老人、けっして顔を見せようとしなかったけど、

イアン・マッケランのような気がする。。よね?



音楽は ハンス・ジマー  
                  




posted by 京古町 at 11:47| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

まだまだご用心


9月に入って、ようやく涼しげな気配を感じていたのに・・

昨日一昨日と、ちょっと蒸し暑かった。。

それでもあの”猛暑”に比べれば、他愛ないものさ、と、

油断し・ちゃっ・っ・た〜〜 Σ(゚д゚lll)


カ、蚊、mosquito

                20140821_160536(1).jpg
これ、どー見ても”ハート”

珍しいから パシャリと撮ってみた

けど、これはの仕業だ。。

寒い時期でも活動してるらしいが、多くの蚊は、

25℃から30℃で吸血活動が活発になるらしい。


そう 昨日の京都は、気温28度・湿度85

恰好の活動日和だったのだ。


それに、わたしは他人に比べて蚊に刺されやすい。

蚊に刺されやすい人の特徴によく挙げられるのが、

1 血液型がO型
2 赤ちゃんや妊婦 (高体温)
3 黒っぽい衣服 (暗い色に集まる習性)
4 飲酒 (二酸化炭素量が増える)
5 汗かき (乳酸の匂い)

この中で、に当てはまるかな

いやいやぁ妊婦じゃないよ、体温が高め なの。。


ひょっとして私、甘〜い匂いなのか??


年々、虫刺されの跡や怪我が治りにくくなっている・・

いつまでも消えないで残っている・・

それがいつしかシミへと・・・

あ゛ぁ゛〜〜コワい


予防は大事です     




posted by 京古町 at 14:49| Comment(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

小さな村の物語に癒されて

               
「小さな村の物語 イタリア」という番組がある。

毎週、再放送を含めて土・日、BS日テレで放送されている。

もう250回近くになる、らしい。


わたしは ほんの数ヶ月前に知って

以来 すっかり虜になってしまった。💕


とりわけ番組に流れる音楽に、癒されている。

朝起きてからずっと、頭の中でぐるぐる廻ってる。

調べたら、冒頭の曲は ⇒ オルネラ・ヴァノーニが歌う「L'appuntamento」
                              

彼女の柔らかく包み込むような声と、メロディーが、素晴らしい。

そよ風に、又は川の流れに、流されているかのよう。。

それでいて、温かい情熱が感じられるのは、

日本語で ランデブー(逢い引き)の意味ゆえかしら。。


番組は、イタリアの自然溢れる美しい風景のなか、

村人たちの、(よそ行きじゃない)飾らない普段のままの生活が映し出される。


番組中に流れるのは、カンツォーネやイタリアンポップス。

こんなに郷愁を誘う音楽とは 思わなかった。

あるいは、

自分が今、求めてる?・・・




posted by 京古町 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

一月は往ぬ、二月は逃げる・・・


もう 三月?


「一月(いちげつ)往ぬる 二月逃げる 三月去る」

とは よく言ったものだ。


お正月から三月までは行事が何かと多く、あっという間に過ぎ去ってしまう事。

往ぬるって、過ぎ去るという意味らしい。


特にわたしの場合、

この三ヶ月間はほぼ毎日、病院との行ったり来たり。

昨年12月から家人が入院していて、つい先週退院したところ。


家人が入院中は ある程度自由に行動してたけど、

やはりどこか 落ち着かないものだ。

それに

日常の会話が、グンと少なくなっていたとはいえ

あぁ 家族なんだなぁ

と思う瞬間が・・・


空気みたいな存在、って、考えさせられる。


たとえば その空気が無くなると、

息苦しい でしょ?


三月

やっと、私の新年が明けた。

「一月(いちげつ)往ぬる 二月逃げる 三月去る」!?

これから私の一年が始まるのに、九ヶ月しかないよ。😖


いやいやぁ 九ヶ月も有る じゃないか。

焦ることはない

じっくり始めましょ。


posted by 京古町 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

うどん月

この6月は、我が家にとってまさに うどん月

6月の初めに香川に旅行に行った友人から、お土産に頂いたのが、

いうまでもなく、讃岐うどん

麺類好きなのを知ってる親類から頂いたのは、ご当地うどんひと揃い。

うどんは、きしめんや讃岐うどんだけじゃない〜、のね。

まずは、讃岐うどん(日の出製麺所)   

太麺で、コシがあって、しかももっちり。

めんつゆが美味しい〜


伊勢うどん     

こちらも太麺。

讃岐うどんより少々柔らかめながら、もっちり感あり。

独特のめんつゆが美味。


五島列島手延べうどん     

細麺だけどコシがある。

あごだしスープがいいね。


今月は、ほぼ毎日 ”うどん” でした。

満足〜〜

posted by 京古町 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日比谷花壇_生んでくれてありがとう_誕生日は親に花を贈る日 日比谷花壇 フラワーギフト 結婚記念日
あすか真夜中カフェ」の先頭へ